喧嘩別れした彼氏と仲直りする方法5つ

11月中に復縁したい人必見
記事を読む前に必ずご確認下さい。
<10月31日まで>復縁相談できます!

・彼(彼女)との復縁の可能性は何%?
・彼(彼女)は私をどう思っているの?
・何をすれば彼(彼女)と復縁できるの?

これらの悩みを無料の復縁相談で解決します。
復縁業界では日本一と呼び声の高いセラピストが、あなたの復縁を最短で叶えます。
※22歳以上の方限定です。

普段どんなに仲が良くても、お互いカッとなってしまうと歯止めが効かず激しいぶつかり合いになってしまうカップルは、実は少なくありません。

落ち着いてから仲直りできればまだ良いのですが、場合によってはそのままお別れに繋がってしまう事も残念ながらあります。

感情がたかぶったまま勢いで別れを決めてしまうと、後で冷静になってから後悔してしまうものです。

そんな時、どのようにアプローチすれば許してもらい、仲直りをし、復縁する事ができるのでしょう。

その点を詳しくお話しますので、今からお伝えする喧嘩別れした彼氏と仲直りする方法5つを自分のものにして、お2人の関係修復をスムーズに成功させられるよう準備しておきましょう。

素直に謝る

最も王道の方法です。

心からの謝罪は彼の「自分も悪かったよ」という反省を引き出す効果があり、お互い素直になれれば復縁できるのはもちろんの事、雨降って地固まるというように以前よりもっと強い信頼関係で結ばれる可能性も高いです。

この方法を実践する時は、とにかく「許して欲しい」と見返りを求めている様子を見せない事、許してもらえなかったとしても誠心誠意お詫びを伝えたい、という印象を与える事です。

見返りを求めているように感じさせてしまうと、せっかく謝っても彼は

「どうせ自分が寂しいから、自分がやり直したいからそのために謝ってるだけだ!」

「それは僕に対する誠意じゃない!自分本位だ!」

と感じてしまい、余計怒らせる結果になってしまうので注意しましょう。

人づてに反省している事を伝えてもらう

次に試してもらいたいのが、人づてに反省を伝える方法です。
自分で「反省している」と言っても信じてもらえなさそうなケース、彼が疑り深かったり人の心を詮索するようなタイプの場合に適しています。

第三者を通してあなたの反省している様子を伝えてもらう場合、誠実さのイメージは直接謝るより少し小さくなりますが、反対に

「本当に反省しているんだな…」

と信用してもらえる効果がとても強くなります。

この時のポイントは、彼に伝える第三者の方が間違ってもこのように言わない事です。

「反省してるって伝えてほしいと言われた」

これを言われてしまうと見返りを求めている自分本位さが伝わってしまうばかりか、許してほしいのに直接謝りに来ない誠意の無さを印象付けてしまいます。

第三者から伝えてもらう時は、あくまでその第三者が自発的に彼に伝えたように見せる必要があるのです。

例えば、

「君に本当に悪い事したって最近毎日落ち込んでるよ」

「見てると可哀想で、つい伝えたくなったんだ」

このように彼に伝えてもらう事ができれば、そこまで反省しているなら許してあげようかな、という気持ちが育ちやすく効果的です。

ポイント
第三者に頼む時は、このポイントをしっかりと理解して頂いてから彼に伝えてもらうようにしましょう。

喧嘩を引きずっていない様子を見せる

些細な理由で喧嘩に発展してしまった場合、その時はお互い勢いでぶつかってしまったとしても、後で

「何であんな小さな事で怒ってしまったんだろう…」

と自己嫌悪に陥る場合があります。

小さな原因だからこそ、その事にこだわり一歩も引けなかったのをバツが悪いと感じているケースも良くあります。

ただ、喧嘩してしまった手前なかなか自分からは「小さな事にこだわって済まなかった」とは言えないものです。

そういう時は、喧嘩自体を水に流すのが一番角が立ちません。

あなたのほうからまず、喧嘩を全く引きずっていない様子を見せるのです。

あっけらかんと挨拶したり笑顔で接したり、喧嘩の元になった話題にも敢えて触れてしまいましょう。

そうする事で、彼は

「あれ?あの喧嘩の事、もう気にしてないのかな…」

「僕も普通に接して良いのかな?」

このようにほっとしてくれ、自然と仲直りができます。

ポイント
険悪さがなくなったら2人だからこそ楽しめる話題をよく出すようにしたりして、やっぱり居心地が良い、やり直したい!と思ってもらえるよう進めてください。

可愛く「まだ怒ってる?」と聞いてみる

これは意表を付く方法であり、適度なショック療法と言えます。

喧嘩をするとどうしてもお互いに壁が出来てしまい、どこかよそよそしくなったり、お互いの今の気持ちに触れるのをタブー視したりしがちになります。

だからこそ、反対に単刀直入に「怒ってる?」と聞いてしまう事で、まさかそんな事を言われるとは思っていなかった彼に対して主導権を握れるのです。

真面目に聞いてしまうと「そんなに長く怒る事じゃないよね?」という意図が隠されているように感じられる恐れがあるため、あくまで冗談ぽくいたずらっぽく、可愛らしさを込めて聞く必要があります。

また、男性はいつまでも過去にこだわり怒っているのは格好悪いと考える傾向があるので、この聞き方は「怒ってないよ!」という答えを引き出しやすく、それをきっかけに仲直りモードへ持っていく事もできます。

ポイント
小悪魔的な方法になるので、実践する場合はその前に何度か鏡の前や知人に対して練習できると安心です。

喧嘩で得たものを真剣に語る

5つ目の方法は、真面目な彼、成長志向のある彼や結婚を考えていた2人に効果的なやり方です。

喧嘩は本来マイナスの面だけでなくプラスの面も持っていて、ぶつかる事によってお互いの気持ちをより深く掴んだり、違う考え方を理解したりできる場合もあります。

彼が真面目だったり真剣に将来を考えていたりすると、例え喧嘩してもそれを今後のお付き合いに活かせれば良い、時にぶつかりながら分かり合っていければ良いと考える傾向にあります。

それを活用し、冷静になってみて今回の喧嘩で気付けた事、それを今後どう活かしていくかを彼に理論的に伝えられれば、これからもパートナーとしてやっていけると思い直してもらえるのです。

ポイント
この場合はあなたの気付きの内容がどれだけ価値あるものと判断されるかで復縁できるかどうかが決まってきますから、何故喧嘩してしまったのかを深く考え、そこから得たものを今後どう活かすかまでまとめてから彼に伝えるようにしてください。

仲直りは「衝突の原因」を理解した先にあるもの

どの方法を使って仲直りを目指す場合もそうですが、あなたの中で「彼と分かり合う」よりも「仲直りする」事のほうが優先されてしまうと、なかなか上手く行かないものです。

何故なら、仲直りするためには喧嘩になってしまった理由やその時の彼の気持ち、どうすればぶつからずに済んだのかをしっかりと考え受け止める必要があり、その前に仲直りを求めてしまえば、それは本末転倒になるからです。

仲直りはあくまで「結果」です。

そこにたどり着くための過程こそが「理解する」事なのです。

十分理解できないままに何となく仲直りをしてしまえば、また同じ原因で喧嘩をしてしまったり、似たような別れを繰り返す事になってしまうでしょう。

しかし、ぶつかってしまった原因やその裏にあるお互いの気持ちを理解したうえで仲直りができれば、もう二度と同じような衝突は起きないはずですし、前よりもっと心が満ち足りるような、幸せを実感できるお付き合いが始まっていきます。

復縁は本来幸せになるためにするものですよね。

だからこそ、焦ったりただ闇雲に彼へ近づこうとするのではなく、根本的な問題は何なのか、それはどうすれば解消されるのかにきちんと目を向けながら、幸せな復縁を成功させましょう!

また、男性心理を活用し復縁したいと思わせる方法のカテゴリーも参考になると思いますので是非ご覧くださいませ。

11月中に復縁したい人必見
記事を読む前に必ずご確認下さい。
<10月31日まで>復縁相談できます!

・彼(彼女)との復縁の可能性は何%?
・彼(彼女)は私をどう思っているの?
・何をすれば彼(彼女)と復縁できるの?

これらの悩みを無料の復縁相談で解決します。
復縁業界では日本一と呼び声の高いセラピストが、あなたの復縁を最短で叶えます。
※22歳以上の方限定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日本最大級の恋愛ポータルサイト「大人の復縁相談室」で活躍する復縁セラピスト。 辛く苦しい別れから復縁結婚を叶えた自分自身の体験を元に、復縁で悩む女性を1人でも多く救いたいと、復縁セラピストを志す。 1対1の丁寧なカウンセリングと、親近感のある素朴な人柄が人気。 幅広い悩みに対応するために、初回相談を無料で受け付ける事にこだわりを持つ情熱的な一面も併せ持つ。