別居から復縁のきっかけ7つ

11月中に復縁したい人必見
記事を読む前に必ずご確認下さい。
<10月31日まで>復縁相談できます!

・彼(彼女)との復縁の可能性は何%?
・彼(彼女)は私をどう思っているの?
・何をすれば彼(彼女)と復縁できるの?

これらの悩みを無料の復縁相談で解決します。
復縁業界では日本一と呼び声の高いセラピストが、あなたの復縁を最短で叶えます。
※22歳以上の方限定です。

かつて将来を誓い合い、一生添い遂げようと約束し合ったお2人。

そんな2人でも、長い時間を過ごす間にいつしか心がすれ違ったり、いがみ合ってしまったりする事があります。

一緒にいるといつも喧嘩ばかりという2人もいれば、会話がなくまるで他人のように避けられてしまうケースも少なくありません。

こうした中だと、

「辛い思いをして一緒にいるよりは、いっそ離れて暮らしたほうが良いのかもしれない…」

という思いから別居を選んだり、相手から別々に暮らしたいと言われて受け入れる場合が非常に多いです。

ただ、別居には色々考えなくてはいけない事や、問題がつきまとうもの。

例えばこちらは仲直りするための別居と捉えていたのに、相手は離婚の準備のための別居と考えていたり、別居期間が長くなった事で相手が自立してしまい、修復が難しくなったり…。

別居期間が長くなると、それだけで判断される事はほぼありませんが、離婚を法的に認められてしまう事由の1つになる事もあります。

そんな別居関係をできるだけ早く解決する方法、穏やかに同居へ戻る方法を今回は7つまとめてご紹介します。

別居中の方も別居の危機に直面している方も、自分とパートナーに当てはまる方法を見つけて、もう一度一緒に暮らせる毎日を取り戻しましょう!

役割の大きさを再認識してもらう

旦那と別居中で悩んでいる女性

別居を始めてまず変化するのは、お互いに全てを一人でしなければならなくなる、という点です。

一人で身の回りの事をするようになった時、やっぱり困るのは元々相手に任せていた側です。

食事の準備、洗い物、洗濯に掃除にゴミ出しなど、生活するためには色々な仕事をこなさなければなりません。

それらは毎日降ってきますし、怠けることはできても、一切手を付けない訳にはいかないものです。

さらに、怠けていれば生活環境が悪くなっていき、その中にいる事でイライラしたり、落ち着かなかったりという影響もあるでしょう。

もし、相手がこれまであなたに家事を任せていたのなら、あなたというパートナーが欠けた事でかなり大変な思いをしなくてはなりません。

最初は別居を続けるために頑張ろうとするはずですが、徐々にストレスが溜まってきた頃を見計らって

「ちゃんと食べれてる?」

「掃除大変じゃない?」

などと労う形で探りを入れてみてください。

相手があなたの役割の大きさを身を持って感じていれば、その優しさに心が揺らぎ、戻ってきてほしいと感じてくれます!

ポイント
ちなみに、上記のように探りを入れる話題単体での連絡がしにくかったら、用件の後に追伸のような形で付け加えても効果的ですよ。

将来の話をする

なんとか離婚回避したい女性
2人が結婚した頃も、きっと多かれ少なかれ将来のお話をしたと思います。

その頃は一緒に幸せになるため、今よりもっと素敵な未来のために意見を交わしあったことでしょう。

それとは少し違い、別居から復縁するために将来の話をするなら、

  • マイナスな未来
  • 辛い未来

を話すのがとても有効です。

別居や離婚するほどに離れたい気持ちを持っている人というのは、基本的に「今」のストレスをどうにか取り除きたくて行動します。

反対に言えば、そこまで我慢したからこそ、もう限界だ、別居や離婚したいという心境になるものです。

ですから、未来の事を冷静に考える余裕がなく、とにかく離れればストレスから開放される、安泰だと考える場合がほとんどです。

しかし、実際に離婚をするとなれば、この先

  • 1人で年老いていく不安
  • 経済的な不安
  • 社会的に「離婚経験者」として見られる不安
  • 子供と距離が生まれたり、恨まれてしまう不安

代表的なものでも、これだけの大きなネガティブ要素を背負って生きていかなくてはならないのです。

そうしたマイナス面を引き受けなければいけない未来について冷静に話せば、相手も今のストレスだけに囚われて短絡的に応えを出す事を思いとどまってくれます。

ポイント
ただ、これは相手を諭すように話そうとすると、気持ちの押し付けだ、上から目線だと感じられてしまい、余計突き放されかねません。

冷静に向き合ってもらうためにも、第三者の話や聞いた話という形で伝えられるのが、受け入れて頂きやすく効果的です!

別々の人生を想像してもらう

夫から離婚したいと言われた女性

これは上でお話した方法とは少し違って、この先別れた後の「あなた」の様子を想像してもらう、というやり方です。

結婚し、ある程度一緒に暮らしてきた状態だと、相手はあなたが自分のパートナーである事を「当然だ」と認識しています。

自分が良くも悪くも一番良く知っているし、他人になる事をうまく想像できない心理状態です。

しかし、別居が続けばそれぞれ別々に過ごす時間が増えていきますし、その中でもちろん相手の知らないあなたの顔も増えていきます。

その様子を敢えて実感的に伝える、という方法です!

これまであなたがしなかったような事、行かなかったような場所、会わなかったような人々との接点が増えているように振る舞いましょう。

相手は自分の知らないあなたの姿が気になり、変わっていく様子に寂しさを覚え、これ以上変わらないでほしい、自分の知っている姿でいてほしいと思ってくれます!

ポイント
これは特に、独占欲が強い相手におすすめの方法です。

異性関係ばかり派手にしてしまうと離婚について争う際に不利になってしまいますので、その点だけ注意しましょう。

ストイックな自分磨きをアピールする

別居中だが復縁を目指している女性

別居中にあなたが離れている時間をどのように使えているかも、相手が復縁を考えるかどうかの重要な判断材料になります。

実際に自分磨きのチャンスでもありますし、相手からマイナスに思われていた部分に関して重点的に自分磨きを行いましょう。

その様子がストイックであればあるほど、

「戻ってきた時には前よりも成長しているのではないか」

「今度こそ自分を満足させてくれるのではないか」

という期待を持ってもらう事ができます。

ストイックさを感じさせるには、何よりもまず

「目標設定」

を明確に行う事が重要です。

いつまでに達成するという「期間」でも良いですし、「回数」、または毎日行うと決めるなど「継続」を目標にしてもOKです。

決して楽ではない目標をクリアするために努力している様子はもちろん、それによってどんな成果が出ているのかを伝えるのも忘れないようにしましょう。

ポイント
自分で伝えると信ぴょう性に欠けてしまうのでできたら第三者からあなたの様子を相手へ報告してもらうのが賢明ですが、難しければ成果→過程の順で伝えられると、自己満足ではない努力が伝わりやすく、成長を感じてもらえます!

子供の幸せについて話す

家庭内別居からの関係改善を努力する女性

子はかすがいと言いますが、2人の間に子供がいるなら、その子の話をするようにしてください。

子供は親よりも人生経験が少ないため、何事にも感じやすい、影響されやすい心を持っています。

子供の頃に心が傷つくと、それはトラウマとして後々まで残りますし、その子の性格や行動傾向、価値観に強烈な影響を与えてしまいます。

たった少し怒られた、叩かれただけでも状況によっては生涯忘れられない傷になる事があります。

ましてや両親の離婚という、自分の存在の基盤を揺るがすような大きな変化が起これば、確実に子供の将来観や結婚観に影を落とします。

こういう部分をきちんと話し合う事は大切ですし、今後を考え直してもらうのに効果的ですが、相手を責めるような話し方になってしまっては、戻れたとしてもこれからを仮面夫婦のように過ごさなくてはなりません。

ポイント
そうではなく、心と心が繋がった2人になるためには、

「この子を幸せにしてあげられるのは私たちしかいない」

というように、自分の責任も認めて共同作業をしていこう、と訴えかける事が大切です!

周りに説得してもらう

幸せな家庭を取り戻したいと強く願う女性

どうしても自分からの言葉が相手に届かない場合は、周りに説得してもらう方法も検討してください。

周りに協力者がいれば話はスムーズですが、そうでない場合はまず協力者となってもらえそうな人物を見つけて、その人にも

「確かにこの2人は別居しているべきではない!復縁するべきだ!」

と感じてもらわなくてはなりません。

そのためには、まずあなた自身で

「相手にとって、あなたが必要である理由」

をできるだけ沢山ピックアップしておく必要があります!

自分が相手にどんな事をしてあげられるのか、相手はそれによってどんな恩恵を受ける事ができるのか。

そうした点が明らかなのに、相手が意固地になって別居を続け、復縁を拒んでいるという風に協力者へ伝われば、その人も復縁のために一枚脱ごうという気になってくれるでしょう。

ポイント
もちろんこれは既に協力してくれている人へ伝えても効果的なので、日頃からピックアップしておくようにするとあなたの助けになってくれますよ。

別居婚を受け入れる

別居から復縁を成功させた女性

最後に、復縁を優先する手段として、「別居したまま復縁する」方法にも触れておきます。

別々に暮らす中である程度の距離感を保っていたほうが上手くいく、お互いストレス無く相手を大切にできるというケースは実際にあるものです。

そういう関係性の場合、今の状態で無理に別居を解消しようと働きかける事は、今の悪くない関係性を再び険悪なものにしてしまう危険をはらんでいます。

もし愛のある別居状態に落ち着いているのなら、一旦この「別居婚」という状態を受け入れる、と宣言するのは、非常に大きなプラスイメージとなります。

これにより、相手の求めている関係の形や価値観を、まるごと受け入れられる印象を与える事ができるのです。

加えて、人は嬉しい事をしてくれた相手に「お返し」をしたくなる習性を持っています。

ポイント
まずあなたから理解を示す事で、ゆくゆく一緒に住みたいという気持ちを今度は相手が受け入れてくれるようになります。

そのための伏線としての「別居婚」、一緒に暮らせていないだけで愛情には満足しているという場合は視野に入れてみるのがおすすめです!

別居にも「プラス面」があります

夫婦が別々に暮らしているという事実は、それだけで良くない事、上手くいっていない証拠だと捉えられがちです。

しかし、お互いが傷つき続けるような同居をするなら、いっそ一旦離れたほうが冷静に関係を見つめ直せるメリットもあります。

冷静さの中で、これまで見えてこなかったお互いの優しさや思いやりに気付ければ、離れているからこそ

「傍にいたい」

気持ちがうんと大きく膨らんでいくものです。

別々に生活している状況をマイナスにばかり捉えず、「プラス面」を見つけて心を重ね合わせるために活かしていきましょうね!

また離婚の危機からどうしても関係改善をしたいのなら「男性心理を活用し復縁したいと思わせる方法」のカテゴリー記事も参考にしてみてください。

11月中に復縁したい人必見
記事を読む前に必ずご確認下さい。
<10月31日まで>復縁相談できます!

・彼(彼女)との復縁の可能性は何%?
・彼(彼女)は私をどう思っているの?
・何をすれば彼(彼女)と復縁できるの?

これらの悩みを無料の復縁相談で解決します。
復縁業界では日本一と呼び声の高いセラピストが、あなたの復縁を最短で叶えます。
※22歳以上の方限定です。

ABOUTこの記事をかいた人

日本最大級の恋愛ポータルサイト「大人の復縁相談室」で活躍する復縁セラピスト。 辛く苦しい別れから復縁結婚を叶えた自分自身の体験を元に、復縁で悩む女性を1人でも多く救いたいと、復縁セラピストを志す。 1対1の丁寧なカウンセリングと、親近感のある素朴な人柄が人気。 幅広い悩みに対応するために、初回相談を無料で受け付ける事にこだわりを持つ情熱的な一面も併せ持つ。