自立した女性になって復縁する!依存心を捨てる方法

11月中に復縁したい人必見
記事を読む前に必ずご確認下さい。
<10月31日まで>復縁相談できます!

・彼(彼女)との復縁の可能性は何%?
・彼(彼女)は私をどう思っているの?
・何をすれば彼(彼女)と復縁できるの?

これらの悩みを無料の復縁相談で解決します。
復縁業界では日本一と呼び声の高いセラピストが、あなたの復縁を最短で叶えます。
※22歳以上の方限定です。
「重いんだよね」

「依存されると疲れるんだ」

こんな風に元彼に言われてしまったことはありませんか?

もしくは、

  • 別れが辛くて仕事も手につかない
  • もう忘れてしまいたいと思うのに、気付けば元彼のことを考えている
  • 元彼がいないと生活がままならない

このように、別れてしまってから彼への依存心に気付いたという状況かもしれません。

大好きな彼を忘れられないと言うのは、言ってしまえば当然のことです。

それだけ真剣に愛せる人と出会えたのは素敵なことですし、今でも一途な愛情を持っているというのは素晴らしいことだと思います。

しかし、依存心が強い状態では復縁が出来ません。

「彼がいないと生きていけない」と寄りかかる女性ではメンヘラチックな印象をもたれてしまいますし、

「彼がいなくても楽しいけど、彼がいればもっとステキな人生を送れる!」

と自立している女性の方が男性にとっては魅力的だからです。

そこでこの記事では、自立した女性になって復縁したい!と願う女性のために、依存心を捨てる方法をご紹介していきます。

自分の気持ちを整理してみる

依存心の根本は、自分の気持ちを自分できちんと整理できていないことなんです。

本当はあなたも彼に対して嫌な部分があった、だけど、とにかく一人になってしまったのが寂しくて「やっぱり好き」という気持ちに摩り替えてしまっている。

こんなこともありうるのです。

例えば、

  • 元カレがあなたが何度嫌だといっても女遊びをする人だった
  • あなたは彼を束縛するようになってしまった
  • もともとは女遊びをやめてくれない元カレに原因があるのに、彼が束縛するあなたを「重い」と突き放した

このような事態になっているのに、「それでも彼が好き!」というのは、本当の愛ではなく依存です。

このような状況で復縁しても、元彼は女遊びをやめるとは限りませんし、その都度あなたが我慢を繰り返すだけのお付き合いになってしまいます。

こういった事実にきちんと目を向けると、

「あれ、彼にこんなに悩まされるのってなんだかバカバカしくない?」

と気付けるはずです。

もちろん、そうして未練そのものを捨てましょう!というのではありません。

大切なのは、依存心で本当に必要なことを見落としてしまわないことです。

元カレの悪いところもきちんと受け止め、それも踏まえてやっぱり一緒にいたいと思える気持ちが生まれて初めて、自立した女性と言えます。

自分の気持ちを紙に書いてみる

気持ちを整理する方法として誰にでも挑戦しやすいとてもシンプルなものが、この「紙に書くこと」です。

今はなかなか見ませんが、昔はトレンディドラマなどでも海に向かって「バカヤロー!!」と叫んだりしたシーンがありましたが、実はこれは人の気持ちを整理するのにとても効果的な方法だったのです。

自分の気持ち、元カレの好きなところ、別れた今反省していることなど、何でもいいので今あなたの心を悩ませている元カレに関することをすべて紙に書き出していきましょう。

感情的になってしまっても構いません。

たとえ恨み節であったとしても、あなたがそう思っているのなら気にせず書いてしまいましょう。

紙に書き出してしまうと

「いつでも読み返せる(聞き返せる)から忘れても良いや」

と無意識に自分の中で元カレのことは「忘れても良い情報」として整理出来るようになったり、

「なんだ、いろいろ悩んでいたけど、意外とシンプルなことで悩んでいただけなんだな」

と、自分の頭の中で混乱していたことが整理されるという効果があります。

また、紙に書き出したことというのは自分で「読み返さなきゃ!」と意識しないと読み返すことはありません。

ですから、すんなり忘れることが出来るのです。

実はこれは認知行動療法と呼ばれる手法で、心理カウンセラーなども実際に勧めることが多いテクニックです。

最終的に書くことさえも忘れてしまったらもうあなたの心は自由になっています。

自分はどうして欲しいのか?どうしたいのか?を自分で理解する

依存心を持ってしまう理由の一つは、心の奥底に「わかってほしい気持ち」があるからです。

悲しい気持ちや傷ついた気持ち、元彼に誤解されたままの気持ちなど、誰かに分かってもらいたいのに分かってもらえないまま宙ぶらりんになっている気持ちがあるからこそ、どうしても分かってもらえるまで固執してしまいます。

この「わかって欲しい気持ち」を無視したまま、依存心を捨てようとしてもなかなかうまくいきません。

ですから、

  • 自分は何をどうしたいのか?
  • 自分は誰にどうしてもらいたいのか?

という部分をしっかり自分で理解しましょう。

その内容が「私の気持ちがどれだけ本気なのか元彼に分かってほしい」という気持ちでも、「私が元彼の言葉でどれだけ傷ついたのか」でも、何でも良いんです。

今はとにかくあなたがあなたの気持ちに気づいてあげることが重要ですからね。

こうして自分の気持ちと向き合うことで、自然と頭の中や心が整理されていきます。

考えや気持ちが整理されると、自分が進むべき方向が見えるので、余計な依存心に悩まされることも減ってきますよ。

元カレとの思い出の品を処分する

元カレを忘れられない男性は思い出の品を手元に置いておく人が多いです。

思い出の品が手元にあれば目に入るだけで思い出してしまうのは当然のことでしょう。

ですので、思い切って思い出の品を処分してください。

写真、おそろいの物、元カレからのプレゼントなど、元カレにつながりそうな物はしっかり処分してしまった方があっさり忘れられます。

また、保存してあるメールの削除も忘れてはいけません。

もしどうしても踏ん切りがつかない、高価なもので手放すのがもったいないというような時は、ダンボールにまとめてクローゼットにしまうなどして、目の届かない場所へ隠してしまいましょう。

元カレに関わるものを自分の生活圏から排除することで、元カレが思い出の人となっていきます。

引っ越す、転職をする

引越しや転職は、生活がガラッと変わる大きな出来事です。

生活がガラッと変わってしまえば、新しい生活に適応するのにいっぱいいっぱいになって元カレのことを考える時間もなくなってしまいます。

引越しや転職の時にはどうしても物を処分する必要がありますよね。

先ほどご紹介した『思い出の品を捨てる』という項目に近しいところがあるのですが、引越しや転職のように物理的にものを処分する行為は意外と気持ちをさっぱりさせてくれる効果があるんです。

お金もかかりますし、簡単に出来ることではありませんが、簡単に出来ないことだからこそかなりの効果が期待できますよ。

”お一人様”のメリットを実感する

元カレと離れて独りになれば、カップルでしかできないことは当然できなくなります。

しかし、一人になって出来ることもたくさんあるというのを忘れてはいけません。

例えば、

  • お一人様ランチセットを楽しめる
  • 女子会を楽しめる
  • 貯金、出費の少なさを実感する
  • 予定を気にせず自分の好きなときに遊びに行ける
  • 休日にゆっくり休める
  • 合コンや街コンにも気兼ねなく参加できる

などなど、一人だからこそ楽しめることはたくさんあるのです。

元カレと一緒にいるときに一瞬でも「窮屈だな」「自由がないな」と思ったこともあったのではないでしょうか。

そういった今しか受容できないメリットを実感すると、案外お一人様も悪くはないと思えるでしょう。

元カレ以外の異性に目を向ける

人それぞれ考えはあると思いますが、私自身は『異性でしか埋められない心の隙間』というものがあると思っています。

それを埋められる異性が今のあなたにとって元彼しかいない場合、思い切って元彼以外の男性へ目を向けることで依存心をなくすことも期待できるでしょう。

もちろん、他の男性に目を向けるとは言え、無理に元カレへの気持ちを捨てる必要はありません。

あくまでも、

  • 寂しさを埋めるため
  • 興味や関心を元カレ以外にも分散させるため
  • 暇つぶし

このような気軽な意味合いで結構です。

合コンや街コンに参加したり、勇気のある人は逆ナンをしてみても良いかもしれません。

もしそういったアクティブなことが難しい場合には、

  • LINEで友達を探す
  • 趣味のLINEのグループチャットに参加してみる
  • Skypeで寝落ちに付き合ってくれる相手を探す
  • 出会い系サイトや地元友達募集サイトに登録してみる

こういったインターネットを使った方法がオススメです。

インターネットで検索してみるとすぐに出てきますので、時間があるときに検索してみてください。

ただ問題としては、あなたはただの暇つぶしのつもりだったのに、出会った男性が本気で迫ってくるようなことがあればちょっと面倒なことになってしまいそう・・・という点ですね。

ですから「誰彼か舞わず出会ってやる!」とヤケクソにならず、「まずは友達になれそうな人を探そう」とルールを設けておくと良いでしょう。

「依存心を捨てよう・・・」と焦らないことが重要

なかなか元カレへの依存を捨てられない女性というのは、とても未練がましかったり、自分勝手に見えてしまうかもしれません。

だからこそ、必死で忘れよう、忘れようとするのだと思いますが、そうして強迫観念に駆られてしまうと、逆に忘れにくいのが人の心というのもなのです。

元カレのことを思い出さないように、思い出さないようにと考えていると、

「『元カレのこと思い出さないように』と常に考えている」

という状況が出来上がってしまっています。

思い出さないでいようと考えすぎるあまりに、考える時間が長くなって忘れるに忘れられない、自立しようにも自立できなくなってしまっているのです。

元カレに依存してしまう自分を責めてはいけません。

むしろ自分はそれだけステキな恋をしたのだと自信に思っても良いくらいです。

大好きだったし、本気の恋だったからこそ簡単に忘れられないのも無理はありません。

ポイント
こうやって自分を認めることが出来ればやがて自分を好きになることができ、自然と何かに依存をすることなく、自分の足でしっかり立つことができますよ。

恋愛以外でもハマれるものを探してみる

元カレに依存してしまうというのは、あなたの頭の中に新しい情報が入ってきていなくて、いつまでも古い情報のままで思考が止まっている状態です。

ですから、恋愛以外にあなたが楽しめることをして頭の中の情報を入れ替えてしまいましょう。

まずはちょっと散歩に出たり、お茶をしたりといった小さなことで結構です。

今いる場所から動き、少しでも環境を変え、自分に新しい風を吹き込むことで、不思議と少しずつすっきりしてきます。

そして、そこから少しずつハマれるものを探していきましょう。

例えば、

  • 散歩からウォーキング、ジョギングへとシフトしてダイエットをする
  • ドライブで遠出してみる
  • 学生時代にやっていたスポーツを始めてみる
  • 学生の頃のようにちょっと無茶な遊び方をしてみる

など、今まで試してなかったことに挑戦していきましょう。

今回は外に出るようなアクティブなものを多く紹介していますが、もちろんインドアなものでも問題ありません。

部屋にいても、

  • 映画鑑賞
  • スマホやPCのゲーム
  • 料理
  • 部屋の掃除や模様替え
  • 絵や小説を描く

このように、ちょっと探してみるだけでも出来ることがたくさん見つかると思います。

こういった意識を逸らすための行動はあなた自身の成長にも繋がりますし、場合によっては新しい出会いのチャンスもあるはず。

ただし、大切なのはあなたが元カレのことを考えなくて済むぐらい何かに没頭できるかどうかです。

ですので、まずはあなたが興味をもてることから試してみていきましょう。

依存は誰もが持つ感情

自立した女性になるために依存心を捨てる方法をご紹介しました。

依存心を捨てようと思ってもなかなか手放せないのは、依存の裏に依存を捨てたくない感情が張り付いているからかもしれません。

ですからぜひ、「依存してしまっているな」という自分自身の心に目を向けて、受け入れてしまってください。

その上で現状を楽しんだり、異性遊びをしてみたり、環境を変えるといったように行動に移していけば、悩みが簡単に剥がれ落ちていきます。

極端な言い方をすれば、依存の矛先を分散させてしまえば良いのです。

依存は「興味」や「関心」とそうそう変わらない、誰でも持つ感情であり、扱い方次第で毒にも薬にもなるだけなんです。

これまでカレにだけ向けられていた依存を遊びや環境の変化へと分散させていく。

それだけで、あなたは十分に魅力的な「自立した女性」になることが出来るはずですよ。

http://japan-fukuen.com/method/529

http://japan-fukuen.com/method/653

http://japan-fukuen.com/method/551

11月中に復縁したい人必見
記事を読む前に必ずご確認下さい。
<10月31日まで>復縁相談できます!

・彼(彼女)との復縁の可能性は何%?
・彼(彼女)は私をどう思っているの?
・何をすれば彼(彼女)と復縁できるの?

これらの悩みを無料の復縁相談で解決します。
復縁業界では日本一と呼び声の高いセラピストが、あなたの復縁を最短で叶えます。
※22歳以上の方限定です。

ABOUTこの記事をかいた人

日本最大級の恋愛ポータルサイト「大人の復縁相談室」で活躍する復縁セラピスト。 辛く苦しい別れから復縁結婚を叶えた自分自身の体験を元に、復縁で悩む女性を1人でも多く救いたいと、復縁セラピストを志す。 1対1の丁寧なカウンセリングと、親近感のある素朴な人柄が人気。 幅広い悩みに対応するために、初回相談を無料で受け付ける事にこだわりを持つ情熱的な一面も併せ持つ。