復縁のきっかけはこれ!誕生日の連絡例

11月中に復縁したい人必見
記事を読む前に必ずご確認下さい。
<10月31日まで>復縁相談できます!

・彼(彼女)との復縁の可能性は何%?
・彼(彼女)は私をどう思っているの?
・何をすれば彼(彼女)と復縁できるの?

これらの悩みを無料の復縁相談で解決します。
復縁業界では日本一と呼び声の高いセラピストが、あなたの復縁を最短で叶えます。
※22歳以上の方限定です。

大好きな相手のお誕生日には連絡をしたくなりますよね。

それは当然の考えですし、友達であれば気軽に「おめでとう」と連絡が出来ます。

しかし、いざ復縁をしたい相手となると臆病になってしまったり、未練を感じさせてしまわないかと不安になってしまいますよね。

特に誕生日ともなれば大切な日ですから、身構えてしまうのは当然ですし、深読みをしてしまいます。

日々ご相談を受けていて、特に多いのが

「彼の誕生日は連絡をしない方が良いんでしょうか」

「彼女の誕生日が明日なんですけど何もしない方が良いですよね」

こういったものです。

勿論、状況にもよるものですが、

「連絡をしない方が良い」

と一概に言う事は出来ません。

むしろ、連絡をした方が存在感を強められますし、相手に対して

「別れているのに覚えていてくれたんだ」

と感動を覚えて頂けますし、何よりも連絡をする事が自然となりますから、復縁をする為の大きなきっかけになるんです!

そこで今回は復縁をする為に有効となる、お誕生日の連絡方法をタイプ別にわけていくつかご紹介させて頂きますね。

是非、ご参考にして頂ければ幸いです。

復縁をしたい相手が男性:会えないものの連絡を気軽に取っている場合

相手が男性であり、気軽に連絡を取り合える仲なのであれば悩む必要はありません。

是非お祝いの連絡を当日にしていきましょう。

男性はもともと連絡を取り合う事に対して苦手意識があります。

それでも気軽にやり取りが出来るという事はそれだけあなたを受け入れているという事です。

さて、その際に心がけるポイントとしては

  • お祝いだけに留めない連絡をする

という事です。

お祝いだけに留めてしまえば、それは他の方に紛れてしまうただのお祝いの連絡になってしまいます。

そこで1歩出る為にも勇気を持ってお誘いをしていきましょう。

例えば

「お誕生日おめでとう!
お祝いに飲み(彼好みの美味しいレストラン等)にでも行かない?
ご馳走するよ~(^o^)」

このように自然な様子でお誘いをする事で、お会い出来る機会を作り出せます。

お会いする機会作る事で次回にも繋がりますので、良いきっかけとなるんです。

復縁をしたい相手が女性:会えないものの連絡を気軽に取っている場合

相手が女性であり、気軽に連絡を取り合える仲であれば敢えて当日は避けて翌日にお送りしましょう。

女性は常に特別感を求める傾向にあるものなんです。

この前提を踏まえれば、

「当日に送った方が良いんじゃないか」

と思われるでしょう。

しかし、当日に送ってしまえば他の連絡に埋もれてしまう恐れがあり、特別感を与える事は出来ません。

だからこそ、翌日にする事で他の方のお祝いの連絡に埋もれなくなるという事なんです。

例えば

「お誕生日おめでとう。
この前、買い物してたら可愛いキーホルダー見つけてさ。
つい買っちゃったんだ(笑)
だから、プレゼントさせてくれない?」

このように気軽な様子を見せつつも、彼女を思っている様子を見せられると更に特別感も増し、彼女の中であなたの存在感が大きくなるんです。

復縁をしたい相手が男性:連絡は取れるものの素っ気無い場合

連絡は取れるものの素っ気無い返答しか無い場合は敢えて1~2日遅らせてお祝いの連絡をしましょう。

素っ気無いという事は残念ながら好意があるとは言い難いです。

しかし、落ち込む必要は何もありません。

何故なら、返答があるという事はそれだけあなたに関心があるからなんです。

関心があるあなたからの連絡が当日に無い事で喪失感を与えられます。

喪失感を感じている中で、あなたからの連絡を受け取れば存在感を強められます。

ですので、例えば

「お誕生日おめでとう!
気付いたら過ぎてた~(^_^;)
良い○歳になると良いね!」

このような連絡が出来ると相手の気持ちを揺さぶれます。

復縁をしたい相手が女性:連絡は取れるものの素っ気無い場合

0117-1-2
基本的に女性は連絡を取り合う=コミュニケーションという認識を持っています。

ですので、素っ気無い様子を見せてきている場合は要注意です。

警戒心を抱いてしまっている恐れがあります。

そういう時の連絡はお誕生日から3日目に行っていければ良いですね!

何故ならば、人の考えは「3」という数字の周期で切り替わっていくからなんです。

「3」という数字が付いている諺(ことわざ)が多くあるのは、その為なんです。

ですので、3日目という誕生日ムードから切り替わったタイミングでお祝いをする連絡を受け取れると、相手としても警戒心に繋がるという事にはなりません。

例えば

「今更だけど、誕生日おめでとう。
元気にしてる?」

このようなシンプルな文章でお祝いを出来ると相手も警戒心を持ちにくいですし、ここからのやり取りを復縁のきっかけにするのも可能なんです!

復縁をしたい相手が男性:連絡を全く取れない場合

まずは何故連絡を取り合えないかという点を考えていきましょう。

その上で男性の特色である

  • 連絡内容が明確で無ければ返答をしない
  • 連絡=コミュニケーションでは無い

この点を踏まえれば

  • 返信を必要としていないと取られている

という点が大きいと考えられます。

ですので

「誕生日おめでとう!
実は【明確な用件】なんだよね!?
お祝いついでにこんな事聞いてごめん」

このような連絡が出来ると

  • 用件を付けられる上でお祝いの気持ちも伝えられる

という事ですので、お返事を受け取れる可能性が大変高いですし、やり取りのきっかけになります。

ポイント
やり取りをする上で、あなたの近況を伝えたり相手の近況を確認したりする事が出来ますので、やり取りが出来ない現状を打壊出来るようになるんです。

復縁をしたい相手が女性:連絡を全く取れない場合

全く連絡を取れないとなると、お誕生日付近での連絡は控える事が無難です。

何故なら、それだけ強い警戒心を持っているからなんです。

ですが、強い警戒心を持っているという事はそれだけあなたを意識しているという事でもあります。

よって、お誕生日から1週間はまずは待てるようにしましょう。

この場合の連絡内容ですが

「遅くなっちゃったけど、おめでとう」

こういった一言のみの内容が好ましいですね。

これであれば、強い警戒心を払拭出来ますし、むしろ一言だからこそ相手も気になるというもの。

女性特有ではありますが、自分の中の決めつけで考え行動をしてしまうものです。

ですので、ここで相手の考え通りの動きを取らない(長文であったり、当日に連絡をする)ように出来ると、警戒心を払拭していけるようになりますよ。

女性は1度気を許せば後は急激に距離を縮めてきます。

だからこそ、このお誕生日の連絡をうまく活用する事で警戒心を払拭し、そこからの発展のきっかけにもなるんです。

このように見て頂けると、その時の相手との状況次第で行動の取り方も変わってくるのがわかりますね。

そして、お誕生日の連絡がいかにきっかけを作りやすいかがわかってきます。

どんな状況でも、タイミングをずらしたりとする事で、連絡をしても負担を与えず、警戒心を生み出さないように出来るのです。

大切なのは、相手とあなたの関係性をいかに冷静に見極められるか。

ここが大切なポイントになります。

きっかけはどこにでも転がっていますから、視野を広げてみましょう。

そして、お誕生日を有効活用して復縁を叶えられるように頑張っていきましょうね。

11月中に復縁したい人必見
記事を読む前に必ずご確認下さい。
<10月31日まで>復縁相談できます!

・彼(彼女)との復縁の可能性は何%?
・彼(彼女)は私をどう思っているの?
・何をすれば彼(彼女)と復縁できるの?

これらの悩みを無料の復縁相談で解決します。
復縁業界では日本一と呼び声の高いセラピストが、あなたの復縁を最短で叶えます。
※22歳以上の方限定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

日本最大級の恋愛ポータルサイト「大人の復縁相談室」で活躍する復縁セラピスト。 辛く苦しい別れから復縁結婚を叶えた自分自身の体験を元に、復縁で悩む女性を1人でも多く救いたいと、復縁セラピストを志す。 1対1の丁寧なカウンセリングと、親近感のある素朴な人柄が人気。 幅広い悩みに対応するために、初回相談を無料で受け付ける事にこだわりを持つ情熱的な一面も併せ持つ。