復縁のきっかけになる一言とは?LINEでの活用方法

11月中に復縁したい人必見
記事を読む前に必ずご確認下さい。
<10月31日まで>復縁相談できます!

・彼(彼女)との復縁の可能性は何%?
・彼(彼女)は私をどう思っているの?
・何をすれば彼(彼女)と復縁できるの?

これらの悩みを無料の復縁相談で解決します。
復縁業界では日本一と呼び声の高いセラピストが、あなたの復縁を最短で叶えます。
※22歳以上の方限定です。

女性芸能人の「追いかけない、待つの。」の言葉が流行したように、言葉というものは時に人を笑わせたり、ハッとさせたり、感動させたりと、人の心を動かす力があります。

特に日本人には【言霊】という概念がありますから、特に言葉から受ける影響は強いと言われているのです。

ご存知でしょうか?

欧米の人などは、恋人と付き合うときに「付き合ってください」といった告白をしない事の方が多いんですよ。

二人でのデートにOKをもらえたり、食事をしているときの様子から気持ちを感じ取って、徐々に仲が深まって結婚を意識するのが海外流。

告白という言葉にこだわるのは、日本人ならではの特徴なんだそうです。

こういったところからも分かるように、私たちは言葉を特別に大切にしていますし、あなたが復縁したいお相手も、同じように言葉を大事にしていることでしょう。

だからこそ、「ちょっとした一言がきっかけで仲が進んだ」といったこともありえるのかもしれませんね。

そこで、あなたもこの言葉の力を手に入れて「復縁のきっかけになる一言」を駆使して復縁を進めてみませんか?

今回は、これまでいただいたご相談の経験から見つけ出した【復縁のきっかけになる一言】と、LINEでの活用方法をご紹介します!

復縁のきっかけになる一言とは?

まずは、これまでにいただいた復縁相談から分かった「復縁に繋がった一言」も交えながら、復縁のきっかけになる一言を解説していきますね。

「忘れられなかった」

「ヨリを戻したい」「また付き合いたい」という言葉はもちろんストレートでわかりやすいのですが、

「~したい」

「~したかった」

という言葉には、自分の願望を押し付けるような意味合いに聞こえてしまいます。

それよりも「あなたのことを忘れられなかった」という言葉にした方が、健気で一途で、とても純粋な想いのように聞こえますよね。

ハッキリと「ずっと忘れられなかった」なんていわれたら、仮に何とも思っていなかった相手でも思わずきゅんとしてしまうものです。

「別れた後いろいろあったんだろうな」と含みを持っているようにも聞こえて、思わずあなたのことをあれこれ気にしてしまうことでしょう。

ポイント
伝えるのが恥ずかしい言葉だからこそ、伝えた時の効果は抜群です。

「悪いから、連絡少なめにするね」

自分から身を引くことでお相手に喪失感を与え、追いかけさせることが出来るようになった言葉です。

まさしく『押してダメなら引いてみる』戦法ですね。

ちなみに、この言葉の最初には、

「(今の新しい)彼女に悪いから」

「(彼)が忙しいのに悪いから」

といったように、何に対して悪いのか?という言葉を添えた方が、あなたが身を引く理由がハッキリして、言葉に信憑性を持つことができます。

さらに、あなた自身のためではなく、お相手のためやお相手の周囲に配慮するために連絡を控える、という話にしておくと、

  • 「気遣いが出来る」という印象になる
  • お相手にいじらしさを感じさせることが出来る

こういった効果があります。

もちろん、この言葉のあとは実際に積極的なアプローチは控えなければいけません。

不安だったり寂しかったり、とてもツライとは思いますが、ここを我慢できないとただの嘘になってしまうので注意しましょう。

お相手に対する気持ちが大きくなっているのに何もアプローチできないというのはツライと思いますが、この一言のあとは、何もしないことがアプローチになるんだと思ってください。

すると、人って不思議なもので、しつこくされてうんざりと思っていた相手でも、一切連絡が無くなって素っ気ない態度をとられると、

「あれ?もう俺のことは忘れたの?」

「私のこと結構簡単に諦めちゃうんだ?」

と、なぜかちょっと気になってしまうものですからね。

「実は、お礼したいことがあるんだ」

あなたがお相手と付き合っていた頃を思い出してみてください。

きっと、今だから思い出せるようなお相手への感謝がたくさん思いつくのではないでしょうか。

そんなお相手への感謝をちょっと思わせぶりに伝えてみましょう。

「実は伝えたいことがあるの」「お礼したいことがあるの」なんて言われたら、「何のことだろう?」と思わず気になりますよね。

こうして関心をひきつけつつ、

「付き合っていたとき『○○に気をつけて』って言われてたお陰でミスらなくて済んだよ」

「○○と付き合った経験があったからこそ、今の自分があると思う」

「今になってあの時の○○の言葉が生かされているよ、ありがとう」

このように、感謝を伝えられて嫌な思いをする人はいません。

実際にお礼を伝える内容は大したことのない内容であったり、気軽なものでも十分です。

ポイント
この一言を伝えるうえで復縁のきっかけになるポイントは、【お相手への感謝の気持ちを持てるくらい成長したと実感させること】ですからね。

「遊びに行かない?」

「振った側からは言いづらい言葉だし、言ってもらえたから遊ぼうと思えた」(30代/男性)

といったご意見もあるように、思い切ったお誘いも復縁のきっかけになることが多くあります。

復縁のきっかけづくりをしたいなら、まずはお相手に自分を知ってもらうこと、そして相手のことをもっと知ることが大切です。

しかし、特に一度別れた関係なら気軽に誘うことがなかなかしづらいことと思います。

だからこそ、どちらかがその「気まずさ」を打ち破ってお誘いをすることが必要になるのです。

そのためにも実際に会うことの出来るデートへのお誘いというのはとても有効な方法になりますよ。

1日デートが難しいのであれば、数時間で済む食事に誘ってみましょう。

一度だけではなく何度も誘うことで、相手も自分のことを気にかけてくれるようになるので復縁のきっかけを作ることができます。

こうしてお互いのことをたくさん話し合っていくうちに、お互いのことがよく分かり、会う時間が楽しみになったり、

「(あなた)さんとといると落ち着くな・・・」

「次はこっちから誘ってみようかな」

と感じるようになってきます。

「それ以上魅力的になってどうするの(笑)」

お相手が男性か女性かによって

「それ以上イケメンになってどうするの」

「それ以上可愛くなってどうすんの」

と言い換えましょう。

この言葉は、既にお相手の魅力を十分に感じ取っていることをお相手にアピールすることができます。

また、それだけでなく、

「妬いてくれてるのかな」

「そんなに魅力的なのかな?」

「こう感じてくれる人なんてこの人(あなた)くらいかもしれない」

と、あなたを好意的に見られるようにもなるのです。

「(笑)」とつけて冗談っぽく伝えることで重い印象を与えないでいられますので、いくら本気でそう思っていても必ず「(笑)」はつけるように気をつけてくださいね。

「おはよう」「おやすみ」「いってらっしゃい」などの挨拶

「おはよう」や「おやすみ」という日常的な挨拶は、LINEやメールでも一番送りやすいですし、面と向かっても言いやすい、挑戦しやすいコミュニケーションの一つではないでしょうか。

こういった日常的な挨拶は好印象を与えるだけでなく、どこか親近感も覚えるものです。

ただの礼儀に過ぎない言葉であっても、こうして声をかけてもらえることでその次の会話がしやすくなったりしますからね。

まさしく「きっかけ」作りの代表的な一言です。

会話を続けやすくするためには「おはよう!」の挨拶をするとき

【太陽や笑顔の絵文字をつける】

このようにして明るく元気に挨拶している印象にすることがポイントです。

「おやすみー」とLINEやメールを送る時は、出来るだけ返信を早く送ってあげると、好感度がグッと上がりますよ。

LINEでの活用方法

続いては、先ほどご紹介した「復縁のきっかけになる一言」を踏まえ、LINEで活用する方法をご紹介していきます。

お相手から返事がない、既読にならなくても追加でLINEをしない

お相手にはお相手の都合があります。

返事がないと不安になってしまうと思いますが、ここで追撃してしまうのは「しつこい」LINEだと思われてしまいがちです。

また、返事が来ない不安を大きくしてしまうと、次にお相手とLINEができるときにビクビクしてしまい、存分にあなたの魅力をアピールできません・・・。

それはとっても勿体無いことですよね。

返事が来ない間は別のことに取り組むなどして、不安になり過ぎないように気をつけましょうね。

あえてメッセージではなく電話で言ってみる

LINEはメッセージのやり取りだけでなく、LINE同士の通話も無料(別途通信料は必要)のアプリケーションです。

ですから、メッセージのやり取りがスムーズに出来るようになったら、思い切ってメッセージだけではなく通話で今回ご紹介したような一言を伝えてみても良いでしょう。

通話であれば、

  • 声のトーン
  • その場の雰囲気
  • 間合い

などから、よりしっかりとあなたの気持ちがお相手に伝わります。

感情に訴えかけたい人は特にメッセージより通話を活用した方がより効率的です。

また意外にも、

「メッセージだといろいろ文章を考えてスムーズにできないけど、通話だったらその場のノリで話せるからいつもより会話が盛り上がった」

という人もいらっしゃったくらいです。

特に最近は「文章のやり取りよりも電話の方が楽」という人も増えてきていますので、お互いがより方に力をいれずにコミュニケーションを取るためにも検討してみてください。

送る文章はなるべくシンプルに

楽しいLINEができるとつい嬉しくなってあれもこれもと話したくなってしまいますよね。

ですが、気持ちのままに話題を盛り込みすぎてしまうと、自然とLINEのやり取りも長くなってしまいます。

ですので、

  • LINEをするときの話題は1回につき1つに絞る
  • 絵文字やスタンプはあまり使わないようにする

このようにシンプルになるように意識してください。

話題がたくさんあるのはとてもイイことです。

その分お相手に連絡できるキッカケになるということですから、あれもこれもと一度に送ってしまうのはもったいありません。

ポイント
武器は小出しにしていきましょう。

あなたからLINEをしたときは、必ずあなたから切り上げる

復縁のきっかけとなる一言をより上手に活用するためには、まずはお相手の関心をひきつけなければいけません。

ですので、常にあなたばかりが積極的になるようなLINEの仕方ではダメなのです。

未練がある方としては久しぶりの連絡が楽しくて仕方がなく、お相手から返事が来れば何度でもお返事をしたくなることでしょう。

でも、お相手にとって必要だったり、興味のある内容でLINEが出来たとしても、やりとりを続けていくうちに自然と話題は変わります。

それでも強引にLINEを続けてしまうと、またお相手に「しつこい」「面倒」と思われてしまうんです。

ですので何度もLINEをするのではなく、一度で用件を済ませるつもりで質問して、用件が済んだら思い切ってあなたからLINEを切り上げましょう。

最初の方でもお話した、「押してもダメなら引いてみる」戦法ですね。

人によっては自分から連絡した手前自分で切り上げるのに勇気が必要だという人もいるかもしれませんが、これくらいの駆け引きは復縁には必要です。

ポイント
あなたから連絡を切り上げたあとは、思わずまたLINEをしてしまわないように別のことをしたりしてうまく気を紛らわせましょう。

復縁はささいなきっかけで叶うもの

好きな人にLINEやメールをするのは何回目だろうとドキドキしますよね。

いくら顔の見えないやり取りだとは言っても、変に緊張してしまうと不思議と相手にもそんな緊張が伝わってしまうものなのです。

普段よりも考えすぎてしまって言葉の使い方が変になったり、絵文字を間違えて送ってしまったり・・・。

それじゃどんなパターンを使っても失敗してしまいますし、あなた自身もLINEをするのがだんだんと怖くなってしまうでしょう。

復縁ほんの些細なきっかけで叶ったりします。

ポイント
ですから、変に「イイ事を言おう」「何か印象に残ることをしよう」と思わなくていいんですよ。

肩肘を張らず、お相手を思う素直な心で向き合っていきましょう。

http://japan-fukuen.com/trigger/634

http://japan-fukuen.com/mail-line/630

http://japan-fukuen.com/kihon/626

11月中に復縁したい人必見
記事を読む前に必ずご確認下さい。
<10月31日まで>復縁相談できます!

・彼(彼女)との復縁の可能性は何%?
・彼(彼女)は私をどう思っているの?
・何をすれば彼(彼女)と復縁できるの?

これらの悩みを無料の復縁相談で解決します。
復縁業界では日本一と呼び声の高いセラピストが、あなたの復縁を最短で叶えます。
※22歳以上の方限定です。

ABOUTこの記事をかいた人

日本最大級の恋愛ポータルサイト「大人の復縁相談室」で活躍する復縁セラピスト。 辛く苦しい別れから復縁結婚を叶えた自分自身の体験を元に、復縁で悩む女性を1人でも多く救いたいと、復縁セラピストを志す。 1対1の丁寧なカウンセリングと、親近感のある素朴な人柄が人気。 幅広い悩みに対応するために、初回相談を無料で受け付ける事にこだわりを持つ情熱的な一面も併せ持つ。