別れ話で別れたくない彼氏彼女と復縁できるメール・lineの送り方

11月中に復縁したい人必見
記事を読む前に必ずご確認下さい。
<10月31日まで>復縁相談できます!

・彼(彼女)との復縁の可能性は何%?
・彼(彼女)は私をどう思っているの?
・何をすれば彼(彼女)と復縁できるの?

これらの悩みを無料の復縁相談で解決します。
復縁業界では日本一と呼び声の高いセラピストが、あなたの復縁を最短で叶えます。
※22歳以上の方限定です。

暗い面持ちで「ちょっと話があるんだけど・・・」と急に恋人から言われたらあなたならなんと感じますか?

仕事の相談?人生の相談?

多くの人は「あ、これ別れ話かも・・・」と感じると思います。

特にこれまで会う時間が減っていたり、メールがそっけなくなっていたりしたらより悪い予感がするのではないでしょうか。

男性でも女性でも、別れ話を切り出してくるときというのは既に心が決まっている状態だといわれています。

いくら「話がある」と遠まわしに言われていたとしても、蓋を開いてみれば話し合いなんてできない、もう別れることしか選択肢にないのです。

この段階で「別れたくない」「嫌なところがあれば直す」といっても、相手の心は引きとめられないでしょう。

ですが、数多く存在するカップルの中で、実際に別れ話から引きとめることができたカップルがいるのも事実。

そんなカップルがどのようにして彼氏・彼女を引きとめたのか、独自に調査をしてまとめました。

ここでは「別れ話で別れたくない彼氏彼女と復縁できるメール・lineの送り方」をご紹介します。

まずは落ち着いて相手の話を受け入れる姿勢を見せる

勘のいい人なら、会っていなくてもなんとなく別れ話がありそうなタイミングが分かってしまいます。

ですので、別れ話にすらならないように話し合いのきっかけすら避けたくなることもあるでしょう。

しかし、別れ話の話し合いを避けても結果は変わりません。

それどころか、相手に愛想を尽かされてしまって余計にお別れが早くなってしまうことも十分にありえるのです。

別れ話だろうと分かっていながら向き合うのはとても難しいことだと思います。

しかし、ここがスタートラインだと考え、まずはしっかり相手の話を受け入れる姿勢を見せてあげましょう。

このとき、メールやLINEでは多くを語る必要はありません!

ポイント
こちらも心の準備は必要です。

もし相手から別れ話だと思われる話が来たら、シンプルに「分かった」「どんな話?」と返事をするにとどめましょう。

無理に返事をしない

相手の気持ちがたくさん詰まった別れ話を一通り聞き入れたら、「さぁどう引きとめよう」と考えるかと思います。

しかし、いきなりの話で引きとめる言葉がパッと浮かんでくるでしょうか?

先にお話しているように、別れ話を切り出されたタイミングで相手の気持ちはほぼ固まってしまっています。

つまり、一度の失敗が取り返しのつかない結果にもなりやすいということです。

ですので、もし言葉が浮かんでこない、考えがまとまらないという状況であれば、無理をせず、

「話は分かった。悪いけど、少し考える時間をください」

と時間をもらえるように打診するメッセージを送りましょう。

ポイント
仮に引きとめる言葉が浮かんできたとしても、どの道相手に伝わりやすい文章に直しているうちに時間は経っています。

であれば、事前に相手に時間がかかることを断っておきましょう。

しっかり相手の話を聞く

頭では分かっていても、心がついていかない思う状況は誰にだってあります。

そのため、別れ話ではなるべく先手を打とうと相手の話をよく聞く前に「別れたくない!」と口走ってしまうことも多いようです。

しかし、相手には相手の言い分があります。

きちんと引きとめて関係を改善をしていくためにも、相手が何を不満に感じて、何を望んでいるのかはしっかり把握していくことが重要です。

相手がいきなり長文のメッセージを送ってきた場合でも、短文に分けてメッセージを送ってきた場合でも、

「うんうん」

「あとは何か言いたいことあるかな?」

などと短文でもいいので相槌を打った返事をして、相手の話をしっかり聞いていることをアピールしましょう。

復唱して改善の意志を伝える

反省や改善をしないで達成できる復縁はありません。

ですので、相手が別れを考えた原因を教えてくれた場合、それがあなたの悪いところだった時に改善の意志を見せるのは大切なことです。

その時には、

「○○なところがイヤだったんだね、ごめん」

と、きちんと相手が教えてくれた通りに自分の非を文章にしましょう。

こうして文章にすると、ただ「そうなんだ」「分かった」などと返事をされるよりも、一気に「しっかり話を受け止めてくれている」と実感することができます。

ポイント
これまでの悪印象を持って別れ話にきた段階では、好印象こそ印象に残りますから、引きとめのチャンスも広がります。

落ち着いて対応を!

急な別れ話に同様してしまうのは誰もが経験することです。

しかし、気が動転したままではどんな説得もうまくはいきません。

ですので、まずは自分の気持ちを落ち着ける意味でも、無理に明るく振舞う必要はありません。

別れ話においてのメールやLINEのメリットは、顔や声が分からないことにあります。

もちろん相手の状況も分からないということになりますが、こちらがどんな状態になっているかも当然相手に伝わりませんから、醜態をさらしてしまうことは避けられるのです。

ポイント
そこで、返事に詰まったら少し時間を空けて返事をするなどして、常に落ち着いた対応が出来るように心がけましょう。

相手にテンションを合わせた返事をしよう

ネガティブな姿を見せないように!と思うのはとても素晴らしいことです。

しかし、別れ話の真っ最中に絵文字や顔文字満載の返事は「ふざけてるの?」と思わせてしまい、余計な悪印象にもつながります。

人は自分と違う気持ちの温度差を感じると、余計に価値観の違いを感じて「離れた方がいい」と考えやすくなってしまうもの。

ポイント
絵文字や顔文字は避け、相手が送ってくるメッセージにあわせたテンションで返事をしていきましょう。

相手がメッセージを送ってくるまで辛抱強く待つ

早く話が聞きたい、相手の気持ちをいち早く知りたいという思いが強すぎて、メッセージが来る前に何度も返事をしてはいけません。

あまりにも連投されてしまうと、相手はそれだけで「面倒くさい」と感じ、きちんと自分の気持ちを伝えようとしなくなってしまいます。

ポイント
不安であるというネガティブな部分を見せ付けていることにもなりますから、基本的に返事はは相手のメッセージが来てから必要な数だけ送りましょうね。

一緒に相手の気持ちの整理をする

一方的に相手の言い分だけを聞いていても、ところどころで「ん?」「これはどういう意味だろう?」と疑問に思う部分が出てくると思います。

相手も用意周到に別れ話の準備をしていたかと思いがちですが、結構その場その場で別れの理由を考え、伝えてきていることも多いもの。

つまり、相手自身も考えに整理がついていないケースがほとんどなのです。

この場合、引きとめるのには絶好のチャンスがきています!

相手の考えが整理されてないということは、整理をさせて落ち着かせたら考えも大きく変わるということ。

そこで、相手の話を聞きながら、

「これはつまり○○ってことかな?」

「ごめん、ここが分からなかったんだけど、○○ってことは□□でもあるよね?」

と相手の考えを整理しつつ、復縁に繋がる方向へ話を持っていきましょう。

ポイント
メールやLINEのように文章に残せるものは読み返すことができるので、あとになって相手の気持ちがコロッと変わることも避けられます。

なるべく短文で

相手が長文でメッセージを送ってきたとしても、できる限り短文で返事をするように意識していきましょう。

長い文章にしようとすると、どうしても伝えたいことが多くなりすぎて、文章が支離滅裂になってしまいます。

また、長めのしっかりとした文章を送ると、相手がそれで「別れを受け入れてくれた」と誤解してしまう可能性もあるのです。

ポイント
こちらの気持ちもしっかり伝えられるように、相手のタイミングで別れ話を完結させないようにしましょう。

表現の仕方には細心の注意を払って!

先にもお話しましたが、メールやLINEは顔や声が分からないので、こちらの細かい心理状況までは伝わりにくいものです。

これはネガティブな部分を見せなくて済むというメリットもある反面、余計な誤解を招きやすいというデメリットもあります。

ちょっと強引な言い回しをしたり、命令口調になるだけで一気に雰囲気が悪くなることもありうるのです。

例えば、

「は?」

「ハッキリ言えよ」

「早くして」

など、面と向かって言えば冗談で通じそうな表現でも、メールやLINEでは一気に感じが悪くなります。

相手が男性なのであれば、こんな女性らしくないとげとげしい表現だけでも呆れられてしまいますし、相手が女性なのであれば一気に恐怖心に繋がり、もう話したいとすら感じなくなります。

ポイント
相手の言い分にカチンと来ることがあっても、大人な対応をしておいた方が無難です。

反論でもワンポイント加えると印象が良くなる

別れ話をしてきた段階ですでに相手の心は決まっているとお話していますが、それでも言いたいことはきちんと伝えたいと思うのも当然です。

その中でも「ここは違う!」と感じたときは、どのように反論しますか?

「それは違うでしょ。こっちは○○だって思ってたんだけど」

このように反論をするのと、

「そんな風に思わせちゃってたんだね、ごめん。実は○○と思っていたんだ。ちゃんと伝えられなかったのはこっちの落ち度だよね」

このように自分の落ち度をハッキリさせておくのと、どちらが印象がよいでしょうか?

明らかに2つめの反論の仕方ですよね。

メールやLINEだからこそ、このちょっとした一言が引きとめられるか、引きとめられないかを大きく分けてきますよ。

ポイント
ほんの一言を打ち込むのにそう何時間もかかるわけではありませんから、積極的に使っていきましょう。

(メールの場合)引用しての返事をしてみる

別れ話がこじれる原因として、意見が二転三転することもありがちです。

特にメールやLINEの場合、文章で自分の言ったことが証拠として残ることになるので、安易に気持ちや意見を伝えるのは注意しましょう。

自分でもしっかり自分で送った文章を読み返し、きちんと筋の通して話を進めていくことが肝心です。

LINEでは難しいかもしれませんが、メールで話ができる場合には、相手や自分の意見を引用して返事をするのもオススメです。

お互いしっかり考えた文章を送り合って頭が疲れていて、自分が何を送ったか忘れてしまっている場合でも、引用しておけばスムーズに話が進みますよ。

ポイント
もしLINEで連絡をしている場合、該当する部分のトーク画面をスクリーンショットしておいて送るのもよいでしょう。

気持ちはストレートに伝える

面と向かってでは恥ずかしくて言えないことでも、文章にしてしまえば素直に言えることもあります。

別れの原因は様々あると思いますが、その根幹を辿っていけば、

「愛情を感じられなくなった」

「あなたよりもっと自分を大切にしてくれる人が見つかった」

「これまでは我慢できていたけど、長く付き合ううちに愛情が冷めて耐えられなくなった」

など、愛情不足がきっかけとなっていることがほとんどです。

そんな場合には、ストレートに、

「あなたしか愛せない」

「これまで知り合ってきた人の中で、あなた以上の人はいなかった。だから本気で改善したいと思っている」

などと、誰が見てもハッキリ分かるような愛情表現を心がけましょう。

相手が「自分の方が(あなたの気持ちを)ちゃんと汲んであげられてなかったのかも・・・」と思うくらいストレートな表現でもよいくらいです。

仮に別れ話の時点で相手に新しい恋人がいる状態でも、

「新しい人に負けたくないくらい大好きだから、頑張る」

と向上心のある表現ができるとなおよいでしょう。

話の続きは相手の時間に余裕があるときに!

基本的に別れ話は相手の都合のよいときにされることが多いかと思いますが、話が長引くと深夜になったり、下手をすると朝方まで続いて予定に影響が出てしまうこともありますよね。

そうなってしまうと、相手は予定を狂わせないように別れ話を早々に切り上げようとしてきます。

それではあなたの気持ちもきちんと伝わりません。

幸い、メールやLINEならインターネット環境があれば、時間や曜日を問わず話をすることができます。

ですので、お互いが不完全燃焼にならないよう、別れ話の続きはお互いの時間に余裕があるときにしましょう。

相手が、

「(あなた)も明日仕事でしょ?もう終わりにしよう」

と切り上げる理由を使ってこないように、相手の都合だけを考えるのではなく、あなた自身もゆっくり話ができるタイミングがベストです。

メール・line(ライン)の送り方の送り方の工夫で別れ回避はできます!

以上、別れ話で別れたくない彼氏彼女と復縁できるメール・LINEの送り方をご紹介しました。

何より大切なのは、あなたが相手の意見を受け止め、必要であれば改善の意志を見せて愛情をきちんと伝えることです。

一度は結ばれた間柄なのですから、縁がなかったり、運命の人ではなかったということはないと思います。

あなたの気持ちに自信をもって、相手の心を引きとめ、今まで以上に幸せにしてあげてくださいね。

また「line(ライン)ブロックから解除してもらい復縁する方法」や「別れたくない時のメールでの解決方法5つ」もメールやlineを相手に送るのに役立つ記事なので是非参考にしてみてください。

11月中に復縁したい人必見
記事を読む前に必ずご確認下さい。
<10月31日まで>復縁相談できます!

・彼(彼女)との復縁の可能性は何%?
・彼(彼女)は私をどう思っているの?
・何をすれば彼(彼女)と復縁できるの?

これらの悩みを無料の復縁相談で解決します。
復縁業界では日本一と呼び声の高いセラピストが、あなたの復縁を最短で叶えます。
※22歳以上の方限定です。

ABOUTこの記事をかいた人

日本最大級の恋愛ポータルサイト「大人の復縁相談室」で活躍する復縁セラピスト。 辛く苦しい別れから復縁結婚を叶えた自分自身の体験を元に、復縁で悩む女性を1人でも多く救いたいと、復縁セラピストを志す。 1対1の丁寧なカウンセリングと、親近感のある素朴な人柄が人気。 幅広い悩みに対応するために、初回相談を無料で受け付ける事にこだわりを持つ情熱的な一面も併せ持つ。