復縁したい元彼元カノがいるなら絶対にやってはいけないNG行動10つ

11月中に復縁したい人必見
記事を読む前に必ずご確認下さい。
<10月31日まで>復縁相談できます!

・彼(彼女)との復縁の可能性は何%?
・彼(彼女)は私をどう思っているの?
・何をすれば彼(彼女)と復縁できるの?

これらの悩みを無料の復縁相談で解決します。
復縁業界では日本一と呼び声の高いセラピストが、あなたの復縁を最短で叶えます。
※22歳以上の方限定です。

元彼、元カノと復縁したいと思ったとき「した方がいいこと」は気になると思いますが、見落としがちなのが「絶対にやってはいけない行動」です。

前向きな人ほど「あれをしよう!」「この方法を試してみよう!」と積極的になれるのですが、だからこそお相手に対して盲目になってしまい、気付いたら相手の迷惑になることを繰り返して嫌われてしまう・・・何てこともあります。

せっかく頑張っても、結果がともなわないなら意味がありません。

ですから、「復縁のためにするべきこと」だけではなく、「やってはいけないこと」もしっかり頭に叩き込んでおきましょう。

こちらの記事では、復縁したい元彼元カノがいるなら絶対にやってはいけないNG行動を10つにまとめてみました。

相手の気持ちや都合を考えない連絡

相手の都合や気持ちを考えない連絡は復縁を遠ざけてしまいます。

これはよく言われることなのでイメージしやすいと思いますが、なぜ連絡することで嫌われてしまうのかはちゃんと分かっているでしょうか?

まず忘れないでいてほしいのは、連絡そのものが全くダメなわけではないのです。

連絡自体がダメなら復縁メールだって送れませんから、連絡をすること自体はむしろするべき行動といえます。

それよりも重要視するべきなのは、

  • 「連絡したくない」という元彼、元カノの気持ちを完全無視する勝手なところが見えてしまう
  • 「自分が寂しいから」「復縁したい」という一方的な思いを押し通そうとする自分本位な面を見せてしまう
  • 元彼、元カノに縋るしかない、他の異性にモテないと思われる
  • 依存的で向上心がないと誤解される

こういったイメージを相手に与えてしまうというデメリットがあるというところです。

例えば、別れたあとに、

「ねぇ、本当に元に戻れないの?」

「別れてから毎日食事も喉が通らないほど辛いよ・・・」

「一緒に食事行かない?どんなところなら一緒に行ってくれる?」

こういった連絡が頻繁に来たら「重い」と思うはずです。

それよりも、

「今日も仕事お疲れ!疲れてるところ悪いんだけど聞きたいことがあって・・・」

「そっちの部屋にある荷物、いつ引き取りに行こうか?」

このように、自分のことを堂思っているのか分からないようなフレンドリーな連絡が来た方が、受け取り手としては気が楽になるでしょう。

こういった連絡が出来るかどうかで、別れたあとにお相手から連絡がもらえるかどうかの分かれ目が生まれます。

用件を作ったり、タイミングをを図ったような考えられた連絡であれば「しつこい」と思われることもありません。

ポイント
自分の都合だけでする連絡は、ただ相手に負担を与えて復縁を遠ざけてしまいますので絶対にしてはいけません。

人の話を聞かずに復縁しようとする

あなたは復縁成功体験談や、復縁失敗体験談、復縁相談サイトのアドバイザーなどから話を聞いたことはありますか?

実は、この「人の話」が復縁成功のためには必要不可欠なのです。

復縁のアプローチをする前は、絶対に復縁の体験談、復縁や恋愛に詳しい人のアドバイスを参考にしましょう。

交際にも失敗があるように、復縁にも失敗があります。

それに、見ることが出来る体験談は自分と相手のケースには当てはまらなかったり、細かい状況が違ったりすることもあるでしょう。

ですから、100%同じ境遇の人の復縁体験談というのはほぼないと思ってよいですし、無理に境遇が違う人の意見に惑わされる必要はありません。
 
しかし、体験談やアドバイスを知らないまま自己流でやろうとしているその復縁のための行動(メールやデートなど)は、復縁を遠ざけてしまうような間違った方法である可能性もあるということを決して忘れないでください。

自分がしようとしていることが正しいのか間違っているのか、そういったものは過去の経験則から分かります。

学ぶチャンスがなければ、気づくチャンスもありません。

復縁は、自分の都合だけでなく相手の都合も考えなければいけないため、幅広い視野が必要ですから、失敗してから気づいても遅いのです。

失敗を繰り返さないためにも、やはりできるだけ体験談やプロのアドバイスは参考にしましょう。

ポイント
また、成功と失敗の両面から復縁を考えることでより正しい判断や振る舞いが身につきますので、体験談を読むときは成功例だけではなく、失敗例を読むことも大事です。

何事においても、知識は大きな武器です。

心に余裕のない状態で、復縁を迫る

復縁で大切な要素の1つに、”心の余裕”があります。

ここでいう「余裕」とは「お金」「時間」「体力」などの余裕ではなく「心」の余裕のことです。

心に余裕のない状態で復縁を迫ると、強引で必死にならざるを得なくなり、痛々しい様子が目立ちます。

必死な形相は、お相手からすれば当然近寄りがたい印象を受けるものです。

ポイント
復縁を迫るときは、いくら相手が好きであっても、心に余裕のある状態で迫るようにしましょう。

メンヘラ化する

最近増えているのですが相手と喧嘩をしたり、音信不通になったりすると

「どうせ私なんていらないよね」

「突き放されるくらいなら死んでやる」

とあからさまなメンへラ化してしまう人が増えているということです。

中には「俺なんて死んじゃった方がいいのかな」と薬を映した画像や体を傷つけた画像などを送り付けて、どうにかお相手の気を引こうとする人もいます。

ポイント
確かに気を引くのには効果的かもしれませんが、仮にそれでお相手が返事をくれたとしても、それは「脅迫に応じた」ようなもので、「ヨリを戻そう」とは思えません。

相手に復縁の意思がないのに未練を見せる

二度目のお付き合いを目指していたとしても、片思いの時と同じように、お互いがお互いを意識しないと告白が成功しません。

それに恋愛に限らず、人は自分の意思に関係なくアピールされ続けると面倒に感じてしまうものなのです。

「振ったのにしつこいな」

「空気読めないのかな?」

なんて相手に思われたくはないはずです。

つまり未練を見せれば見せるほど、彼とのよりを戻せるチャンスは減ってしまうと考えてください。

よりを戻せる!というタイミングが来るまで、お相手への気持ちは隠しておきましょう。

でも、好きな気持ちがなぜか相手にバレてしまうこともあると思います。

それはあなたの気付かないところで好き好きアピールが行き過ぎてしまっている可能性があります。

例えば、

  • 自分が連絡したい時に彼に連絡している
  • 断られても何度もデートに誘っている
  • 短いスパンでデートに誘う
  • メールやLINEに絵文字、顔文字、スタンプをたくさん使っている
  • TwitterなどのSNSでお相手のことを書いている

このような行動は直接すきとはいわなくても、普通の人なら未練を察してしまえるものですので気をつけましょう。

一つでも当てはまるものがあったら、それが気持ちがバレる原因になっている可能性が高いので、対策を考えておくようにしてください。

また、共通の友人にあなたの未練を話してある場合にも、友人繋がりでお相手にあなたの気持ちが伝わってしまうことも考えられます。

ポイント
口の堅い人以外には話さないか、「あの人には言わないでね」と口止めしておくなどして、どうにか対策をしておきましょう。

元彼、元カノを責める

浮気や自然消滅などで、

「別れた原因は相手にある」

という状況にある場合、お相手に謝ってもらいたい、説明をしてもらいたいという重いから相手を責めるような態度になってしまうことがあります。

確かに、どんな別れの理由があるにせよ、その理由が相手であるあなたを納得させるものでない以上、きちんとあなたを安心させてあげるのが人としては常識的な対応です。

しかし、別れた原因が相手にあっても「相手だけが悪い」ということは、実はほとんどありません。

あらためて別れを振り返ると「別れた原因はお互いにある」という状況が大半ではないでしょうか。

お相手が別れの原因になる行動をした、しかしその行動を起こさなければいけない理由があなたの言動にあった、というケースも多いはずです。

人間は不完全ですから、関係が決裂するときも、お互いに非があることでしょう。

にもかかわらず、相手だけ責めて、自分は反省しないのはNGです。

復縁のアプローチをするなら「自分こそ反省する」という態度が肝心で、反省は早ければ早いほど復縁には有効に働きます。

ポイント
自分の悪かったことをちゃんと振り返る、必要であればあなたから先にお相手に謝って、悪いところはきちんと改める。

これが素早く出来る人は復縁できます。

質問攻め

音信不通ということはお相手が今何をしているのかさっぱり分からない状況だと思います。

ですので、お相手の現状を知ろうと、

「今何してるの?」

「何かあった?」

と聞きたくなる気持ちは分かります。

しかし、まだ心を開いていない相手に根掘り葉掘り聞かれて良い気分になれる人はいません。

お相手からすれば、いつも質問ばかりの連絡が来るようであれば

「尋問されている」

と思ってしまいます。

お相手が嫌な気持ちになる形で復縁を迫る

復縁をするとき、お相手が嫌な思いになるようなアプローチは厳禁です。

例えば

  • 復縁するまでしつこく電話やメールをする
  • お相手の仕事場の近くで待ち伏せする
  • お相手の新しい恋人を誹謗中傷する

このように、自分の都合だけでお相手を傷つけたり迷惑をかけるような行動は絶対にしてはいけません。

強引な手段は、もはやストーカーと同じ。

わざと相手の迷惑になる行為をして、復縁を迫るのは、あってはならないことです。

ポイント
相手を不快にさせたところで何も解決しませんし、ますます嫌われ、復縁の可能性が絶望的になるでしょう。

黙って会いに行く

確かにお相手と話し合うためには一番効果的でしょう。

ですが、これは絶対にNGな行動です。

お相手からすれば、心の準備が出来ていない段階でいきなり目の前にあなたが現れればびっくりしてしまいます。

あなたは話し合う気満々で行ったとしても、お相手の都合は完全に無視している訳ですからよい印象にならないのは当然のことです。

人によっては「怖い」などの変な印象を持たれてしまって、本当に別れなければいけなくなるような事態にもなりかねません。

せめて会いに行くのであればお相手の許可を取るか、行くことを宣言してお相手にも心の準備をしてもらいましょう。

もちろん、うまいことお相手と会えないからと言って何度もしつこく会おうとするのも良くはありません。

それは付きまといと同じような行動になってしまいますし、お相手にストーカーのように扱われたくはないはずです。

ポイント
お相手と会えるチャンスを作りたいのであれば、せめて共通の知人にセッティングしてもらうなどをしてお相手にとっても負担にならないようにしましょう。

共通の知人やSNSに元彼、元カノの悪口を言う・書く

特に復縁活動を頑張っても報われない思いばかりしているとき、思わずネガティブなことを口にしたくなってしまうと思います。

ですが、愚痴や悪口はなるべく控えましょう。

どうしても言いたい時でも、共通の知人や、お相手も見てしまいそうなSNSに書くのは絶対にNGです。

一時の嫌な気分を解消するための愚痴、悪口だったとしても、お相手本人にとってみれば

「こっちはもともと復縁する気ないんだから、そんなに嫌なら諦めてくれれば良いのに」

としか思えません。

それに、不思議なことですが愚痴や悪口はその人の雰囲気までも悪くしてしまうものです。

ポイント
「復縁活動の失敗は成功の種」と考え、上手くいかないときはそれも今の自分には必要な経験なのだと考えましょう。

復縁とは、元彼、元カノを”大事にする”ということ

復縁にはいろんなテクニック、ルール、NG行動がありますが、基本的な考え方は、

「お相手を大事にする」

というものです。

お相手を幸せにするために復縁を求める、だからこそ自分はお相手を幸せに出来るような人間に成長する。

この「お相手を大事にする」というスタンスを貫いていけば、自然とお相手に嫌な思いをさせるようなNG行動は起こしません。

付き合った頃の「一生この人と一緒にいたい」という気持ちを思い出しながら、復縁活動へ反映させていきましょう。

http://japan-fukuen.com/mail-line/520

http://japan-fukuen.com/mail-line/592

http://japan-fukuen.com/trigger/584

11月中に復縁したい人必見
記事を読む前に必ずご確認下さい。
<10月31日まで>復縁相談できます!

・彼(彼女)との復縁の可能性は何%?
・彼(彼女)は私をどう思っているの?
・何をすれば彼(彼女)と復縁できるの?

これらの悩みを無料の復縁相談で解決します。
復縁業界では日本一と呼び声の高いセラピストが、あなたの復縁を最短で叶えます。
※22歳以上の方限定です。

ABOUTこの記事をかいた人

日本最大級の恋愛ポータルサイト「大人の復縁相談室」で活躍する復縁セラピスト。 辛く苦しい別れから復縁結婚を叶えた自分自身の体験を元に、復縁で悩む女性を1人でも多く救いたいと、復縁セラピストを志す。 1対1の丁寧なカウンセリングと、親近感のある素朴な人柄が人気。 幅広い悩みに対応するために、初回相談を無料で受け付ける事にこだわりを持つ情熱的な一面も併せ持つ。