不倫から別れ復縁する為の10の秘訣

11月中に復縁したい人必見
記事を読む前に必ずご確認下さい。
<10月31日まで>復縁相談できます!

・彼(彼女)との復縁の可能性は何%?
・彼(彼女)は私をどう思っているの?
・何をすれば彼(彼女)と復縁できるの?

これらの悩みを無料の復縁相談で解決します。
復縁業界では日本一と呼び声の高いセラピストが、あなたの復縁を最短で叶えます。
※22歳以上の方限定です。

イケナイことだと分かっていても、好きになってしまったものは仕方がありません。

ドキドキの不倫交際をスタートさせた瞬間は、毎日が刺激的でとても楽しい日々だったはす。

しかし、どんな関係にも終わりは訪れてしまいます。

相手のことを心から愛し、不倫だからこそ普通の恋より大切に思っていたがゆえに、お別れは痛く心に響きますよね。

大切な人との思い出は沢山ありますし、自分の事を理解してくれて、辛い時いつも一緒にいてくれた人だからこそ、いなくなってその存在の大きさに気付くことも多いですよね。

そんな大切な元カレ・元カノとの復縁をするためには、正攻法では上手くいきません。

不倫から別れ復縁する為の10の秘訣を使い、元カレ、元カノを取り戻す為に確実なアクションを起こしていきましょう。

なぜ別れようと思ったのか、理由を聞いて、その理由を解決していく

不倫であるということを分かっていながら、あなたと付き合いはじめたのですから、これまではあなたと付き合うことに彼は少なからず魅力を感じていたはずです。

それが何故、「別れよう」と思うようになったのか、そこには必ず理由があります。

どうして自分と別れようと決めたのか?彼に直接聞いてみましょう。

不倫別れをする理由として多いものは以下の通りです。

  • 何かが嫌になった(性格が合わない、会話が面白くない、お金がかかる)
  • 不倫をすることに罪悪感を感じ始めた
  • 不倫が面倒になった
  • ケンカをして感情的になっているだけ
  • 奥さんや旦那さん、周りにバレた(バレそうだと感じた)
  • 飽きた
  • 一時の遊び相手と割り切っていた

このように言われると絶望的に感じるかもしれませんが、こうして聞き出す時、泣いたり、問い詰めるような態度を取っていけません。

彼が本当の気持ちを言えなくなってしまいます。

まずは彼から言われた理由に対して反発したり言い返したりせず、相手の気持ち・言い分を受け止めて理解してあげましょう。

このワンクッションがあるだけで相手の心象は大きく変わります。

本当の気持ちを聞かなければ、あなたは彼を引き留めるための対策を立てられなくなりますので、「どうして私と別れようと思ったのか、教えてもらえる?」と落ち着いた態度で聞きましょう。

ポイント
こうして別れようと思った理由を聞き出すことに成功したら、早速心を引き戻すべく行動に移します。

いわゆる自分磨きの段階に入るのです。

相手の言葉を真に受けすぎず、自分の心をきちんと自立させておく

こういってしまうと角が立ってしまうかもしれませんが、不倫が出来る人というのは”調子がいい人”ともいえます。

ですから、あなたが相手とヨリを戻したいと伝えていたとしたら、

「君の事は好きだけど、復縁は出来ないんだ」

「もう少し待っていて。そうしたら迎えに行くから」

と、嘘か本当か分からない調子のいい事を言ってくるはずです。

こちらとしては何を信じたら良いのか頭を悩ませてしまいますよね。

もし相手がこうして調子のいい事ばかりを言ってくるようであれば、それは、今の関係に満足をしてしまっている可能性があります。

その関係に満足させてしまうと復縁をするメリットを感じる事ができません。

「好かれているだけで自分は楽しいから、復縁しなくてもいいか」

こんな風に思われるような都合のいい存在にはなりたくないですよね。

そうならない為にも、例えば「好きだよ」と言われた時に

「そう、ありがとう」

と答え、あなたからは「好き」という言葉を言わないようにしましょう。

相手の言葉に振り回されない自立した態度を貫き通すと、相手もあなたの気持ちを知りたくて仕方なくなってきます。

元カレ、元カノが今まで知らなかった魅力を見せる

人は常に慣れていく生き物ですから、その慣れに満足出来なくなり新しい刺激を求めようとします。

だからこそ、常日頃から新鮮さを忘れないようにする事が大切です。

例えば、これまであなたは周りからも頼られるようなしっかりした存在だったとしましょう。

そんな存在から、急に

「あなたにしか頼めないことがあって・・・
気まずいとは思うけど、協力して欲しい」

とお願いをされたら、相手はどうしてもキュンときてしまいます。

「自分(元カレ・元カノ)しか知らない部分」を作ってしまうのです。

ポイント
不倫関係そのものも同じことが言えますが、二人しか知らない秘密、お互いしか知らない本当の顔を作ってしまうと、絆がいっそう強くなります。

相手の意見を受け入れ、これまでの時間に感謝をする

「振られちゃったのに感謝なんて出来ない!」と思ってしまうかもしれません。

ですが、彼とあなたはお付き合いをしていた時間があります。

その時間は、お互いに愛し合い求め合っていたはずです。

そんな彼に対して、一切、感謝の気持ちを持っていないという事はないですよね。

感謝を伝えるとは、別れてしまった今も含め、相手と過ごした時間を素直に受け入れるという事です。

相手の中では、別れを考えた時点で、

「どうせもめるだろう…」

「理解してはもらえないだろうな・・・」

と受け入れて貰えない事を前提に考えているはずです。

その予想を逆手に取り、

「きっとあなたが沢山考えた上での結論だよね。
本当に辛いけど…わかりました。
今まで本当にありがとう。」

このように受け入れた言葉を添えるだけで、相手からすれば別れを告げたはずなのに、あなたの事を考える時間が増えていくのですよ。

「受け入れてもらったのは嬉しいけど、本当に終わってしまうんだな・・・」と喪失感でいっぱいになります。

喪失感や不安を強く感じる事で、あなたを追い掛けたくなる心理が働いていきます。

今までを振り返ってみて、元カレ・元カノに感謝している事があれば、きちんとまとめておきましょう。

それを伝える事で

「これだけ深く愛してくれていたのか」

と別れを選んでしまった事への後悔と、あなたに対して良いの印象を持ちやすくなりますよ。

これが出来れば形勢逆転?相手の相談役になる

人が誰かに相談をする時は、大なり小なり信頼していないと出来ないものです。

悩みごとが他に知れ渡ってしまったら大変ですからね。

あなたも、元カレ・元カノにしか話せない事や相談出来ない事もあったでしょう。

もしかしたら、それがきっかけで結ばれた関係だったかもしれません。

それを活かして相談に乗ってもらう中で

「何かあったらいつでも相談してね。
話くらいは聞けるから。」

と謙遜気味に伝えてみましょう。

前述した「相手の意見を受け入れた」という態度がアピールできるだけでなく、お互いに秘密を持ち合った信頼関係が生かされ、

「話だけでも聞いてもらおうかな」

と、別れても特別な位置に存在し続けることが出来ます。

オトナらしく、感情をコントロールする

感情に振り回される人は、男女問わず恋を辛いものにしてしまいます。

とはいっても、人にはもともと感情が備わっているわけですから、感情が湧いてきてしまうのは、自然現象のようなものといえるでしょう。

ですから、その感情を抑えることが出来なくても、仕方がないと割り切ってしまうことも必要です。

しかし、だからといって感情をありのままに相手にぶつけても良いことなど一つもありません。

不倫恋愛は自分を見失ってしまったらお終いです。

楽しく不倫をしていくには、感情のコントロールの仕方を学ぶ必要があります。

不倫意外にストレスを解消できるものを見つけたり、不倫について相談できる相手を作っておきましょう。

もちろん、人に相談しにくいのは当たり前のことですから、困った時には私にもぜひお話してください。

他に感情をコントロールする方法としては、例えばイライラした時に、

「どうして今、怒っているんだろう?」

「誰に、何を、どうしてもらえたらこのイライラは解消されるんだろう?」

と、感情を爆発させてしまう前に自問自答するのがオススメです。

これは心理学的な見地でも”認知行動療法”として認められているもので、心的な部分を整理する力があると立証されています。

簡単にできる事ですのでぜひ試してみてくださいね。

ポイント
感情をコントロールしていくには、技術が必要なのです。

モテアピールで追いかけさせる

誰しも、今まで自分のものだった存在が別の人に奪われるというのにいい気分はしません。

できれば取り返したいと願うもの。

これを最大限に活かせるのが、異性の影を見せる事なのです。

「自分の物を誰かに取られる」という状況を嫌うからこそ、

  • 食事に誘われている
  • 周囲が好意的な噂をしている
  • 告白されて何て答えれば良いか悩んでいる

このように異性からのアプローチがあると伝える事で、喪失感と焦りと不安を刺激することが出来ます。

ポイント
また、「他の異性からも好かれるあなた」を見せると、あなたの存在価値も高める事が出来るため、一石二鳥になりますよ。

不倫バレしないという安心感を見せる

不倫バレを怖がり過ぎて、積極的に連絡を取ろうとしない

既婚者に対してあまり頻繁にメールや電話をしすぎると、相手の配偶者にバレてしまうかもしれない。

しばらくは大人しくしておいて、徐々に連絡を増やしていこう、と考える方がいます。

しかし、別れてしまったタイミングこそきちんと話をしたい時期であり、相手を愛しく思う感情が最も昂っている時ですよね。

その時期に連絡を取らずにいると、

「こんなに好きなのに、ヨリを戻せないのはどうして?」

「ただ話し合いたいだけなのに、どうして電話しちゃいけないの?」

と気持ちが混乱してしまうのです。

しかし、相手がそうして破局後に向き合ってくれないのは、大抵周囲への不倫バレを警戒している時なのです。

ですので、いくらそっけなくされたり、連絡がスムーズに出来なくても、

「きちんと話し合ってくれないならこの関係バラすよ」

なんて脅してしまうのは絶対にやめてください。

ここであなたの連絡したい気持ちを抑えて、

「話し合いたいけど、今はちょっと危ないかな?」

「都合が良くなったら合図して。それまでにこっちも気持ちを整理しておくから」

と、不倫バレを一緒に避けるような協力する姿勢を見せることが出来れば、一気に印象も良くなり距離が近まります。

彼への好意を見せる2

人は自分の思いを受け入れて貰えないと自信を無くしてしまう傾向があります。

ですので、ずっと相手からの好意を素直に受けないでいると、

「もう諦めよう…」

と考えて、心が離れてしまいます。

ですが、②でご紹介したように、鵜呑みにしすぎない自立した姿勢ももちろん大事です。

ですので、ここは上手く

「ありがとう^^
そういわれるとすごく嬉しいよ!」

と、”あなたの好意のみ”を隠して、相手の言葉を受け入れてみるとうまくいきますよ。

わざと断ち切ったように見せる

どうしても相手がこちらを見てくれない場合は、思い切って吹っ切れたように見せるのも効果的です。

つい不倫をしてしまう人、そして不倫相手を振り回せるような人というのは、自分が愛されているという絶対的な自信を持っています。

ですので、その自信を裏切ってしまうことで、元カレ・元カノの意識をあなたに釘付けにしてしまうのですね。

  • これまでたくさん送っていた連絡をぴたっと止める
  • でも、仕事上の連絡はスマートに行う
  • 相手が歩み寄ってきても、猫のように気まぐれに翻弄してみる

こんな風に相手を振り回して見せましょう。

もちろん、ただ吹っ切れたように見せるだけではあまり意味がありません。

さらに相手にとって魅力的な存在になれば、相手は去っていこうとするあなたを追いかけ、すがりつきたい心境でいっぱいになっていきます。

あなたが女性なら、仕事をバリバリこなし、家族をちゃんと養っている見た目もいい既婚の男は魅力的に映るのではないでしょうか。

自分には足りない社会経験を積んでいる頼もしさや、自分の知らない世界を知っている未知数の多い男性に惹かれても不思議ではありません。

逆にあなたが男性なら、周囲への気配りがとても上手で常に笑顔、家族とは少し上手くいっていないけれど、配偶者や子供への愛情は深いような女性はステキに感じますよね。

一緒にいると家庭や仕事では得られない癒しを感じることができて、情熱的でなくても心温まる関係が築けるという安心感は誰しもが求めています。

こんな風に、相手の性別を基準とし、相手が求めている異性像を思い描いて、それを演じて見せましょう。

もしかしたら、お付き合いをしている間でも、

  • モラルに反することをしている。
  • いつ不倫がばれるかも知れない。
  • いつかは別れなければならない。

こんな風に思い悩んでいたこともあったかもしれません。

ですが、その心の緊張感があるからこそ、相手のことを忘れられないのもまた事実。

普通の恋とは少し違うけれど、それもまた一つの恋愛の形だと私は思っています。

不倫相手との復縁でどうしようもないとお悩みでしたら、まずは一度ご相談しにきてくださいね。

11月中に復縁したい人必見
記事を読む前に必ずご確認下さい。
<10月31日まで>復縁相談できます!

・彼(彼女)との復縁の可能性は何%?
・彼(彼女)は私をどう思っているの?
・何をすれば彼(彼女)と復縁できるの?

これらの悩みを無料の復縁相談で解決します。
復縁業界では日本一と呼び声の高いセラピストが、あなたの復縁を最短で叶えます。
※22歳以上の方限定です。

ABOUTこの記事をかいた人

日本最大級の恋愛ポータルサイト「大人の復縁相談室」で活躍する復縁セラピスト。 辛く苦しい別れから復縁結婚を叶えた自分自身の体験を元に、復縁で悩む女性を1人でも多く救いたいと、復縁セラピストを志す。 1対1の丁寧なカウンセリングと、親近感のある素朴な人柄が人気。 幅広い悩みに対応するために、初回相談を無料で受け付ける事にこだわりを持つ情熱的な一面も併せ持つ。